ホーム >Internet Explorer(IE)の脆弱性について

お知らせ

Internet Explorer(IE)の脆弱性について

平成26年4月28日にMicrosoft社よりInternet Explorer(以下、「IE」)における危険性の高い脆弱性情報が公開されております。この脆弱性により、不正なサイトを介し、お客さまのパソコンがウィルスに感染する可能性がございます。また、平成26年5月1日時点でMicrosoft社より修正プログラムが提供されておりません。

インターネットバンキングをご利用のお客さまにつきましては、修正プログラムが提供されるまでの間、以下の対応についてご検討願います。

なお、本件はIEの脆弱性に関するもので、当行のインターネットバンキングサービスのシステムには問題はございません。

1.ウィルス対策ソフトの最新化と定期的なチェックについて

パソコンには、必ずウィルス対策ソフトを導入し、最新版へのアップデートをお願いします。また、パソコンがウィルスに感染していないことを定期的にご確認ください。

2.IEを利用したインターネットサイトの閲覧について

IEを利用した不要なインターネットサイトの閲覧はお控えください。

3.IE以外のブラウザのご利用について

個人向けインターネットバンキング「荘銀ダイレクト」・「荘銀投信ダイレクト」をご利用の場合

当行では「Firefox」で正常に動作することを確認しております。Microsoft社から修正プログラムが提供されるまでの間、「Firefox」でのご利用を推奨いたします。


法人向けインターネットバンキング「荘銀ビジネスダイレクト」をご利用の場合

電子証明書方式をご利用のお客さまは、IE以外のブラウザはご利用になれませんので、「4.IEにおける回避策について」をご参照ください。
なお、ID・パスワード方式をご利用のお客さまは、Firefoxをご利用いただけます。

4.IEにおける回避策について

今般の脆弱性につきましては、Microsoft社ページより、いくつかの回避策が提示されております。ただし、回避策をとることで、他のインターネットサイトのサービスや社内システムのご利用に影響がでる場合がございます。

【回避策例】

  • (1)インターネットおよびローカルイントラネット セキュリティゾーンの設定を「高」にする。
  • (2)信頼するWebサイトをIEの信頼済みサイト ゾーンに追加する。

※上記2点の両方を実施いただく必要がございます。手順の詳細は、こちらを参照願います。

5.Microsoft社からの修正プログラム提供について

Microsoft社から修正プログラムが提供され次第、ご案内いたします。

荘内銀行ダイレクトサポートセンター

0120-61-4071

メールでのお問い合わせ

Web完結型ローン「フリーローンWeb」「カードローンWeb」金利3.5%〜14.6%

インターネットバンキング

店舗・ATMのご案内

インフォメーション