API連携接続

クラウド会計ソフトfreee(フリー)

【API連携サービスとは】
「荘銀ビジネスダイレクト」にログインするためのユーザIDとパスワードを、freee株式会社「クラウド会計freee(フリー)」上に入力することなく、より安全に銀行口座の残高情報や入出金取引などの明細情報を自動連携させることが可能となります。

API(Application Programing Interface)
あるソフトウェアから別のソフトウェアの機能を呼び出して利用する手順や仕組み、規則を指す言葉で、外部企業のプログラムやサービスと当グループのプログラムやサービスを連携、相互活用することができる仕組みのこと。

1.
「クラウド会計ソフトfreee」の口座登録より、「荘内銀行」を検索します。
2.
「荘内銀行(法人)(API)」を選択し、「口座を登録」ポップアップ画面の[登録する]ボタンをクリックしてください。
3.
「荘内銀行(法人)(API)」の口座登録を確認し、「荘銀ビジネスダイレクト」の[荘内銀行(法人)(API)認証ページへ]ボタンをクリックしてください。
「荘銀ビジネスダイレクト」のAPI認証画面に遷移します。
4.
「荘銀ビジネスダイレクト」のAPI連携認証を行います。

(A) 電子証明書方式をご利用の場合

[電子証明書ログイン]ボタンをクリックし、証明書の選択およびログインパスワードを入力し、[API連携]ボタンをクリックしてください。

(B) ID・パスワード方式をご利用の場合

ログインID・ログインパスワードを入力し、[API連携]ボタンをクリックしてください。

フトウェアキーボードを開く]ボタンをクリックすると、画面上に文字ボタンを表示させ、マウス操作によりパスワードを入力することができます。

5.
連携する取引内容(残高照会/入出金明細照会)を選択し、[次へ]ボタンをクリックしてください。
6.
口座を選択のうえ、照会用暗証番号を入力し、[登録]ボタンをクリックしてください。
7.
連携する取引内容・認可期間を確認し、意思確認のチェックボックスにチェックを入れ、[許可]ボタンをクリックしてください。
[許可]ボタンをクリックすると、「クラウド会計ソフトfreee」の画面に遷移します。
8.
「クラウド会計ソフトfreee」画面に「荘内(法人)(API)」が表示されます。