荘内銀行

会社について

メインメニュー

会社について会社について

働き方:ワーク・ライフ・バランス 働き方:ワーク・ライフ・バランス

ワーク・ライフ・バランスの実現に向けて

行員処遇の基本方針に公正な処遇を明示し、性別にとらわれない能力活用を推進している点や、仕事と生活の両立を支援する独自の各種制度を実施している点などが評価されている当行は、男女共同参画等に関わる数多くの受賞歴があります。

1999年 均等推進企業表彰 山形県女性少年室長賞(現都道府県労働局長賞)
2005年 均等推進企業表彰 厚生労働大臣優良賞
2009年 山形県ワーク・ライフ・バランス優良企業 知事表彰
2010年 内閣府 チャイルド・ユースサポート章
2014年 山形県 いきいき子育て応援企業「ダイヤモンド企業」認定
2016年 次世代育成支援対策推進法に基づく「子育てサポート企業」認定マーク「くるみん」を取得
2016年 女性活躍推進法に基づく最上位の「えるぼし」認定を東北で初めて取得
2017年 働き方改革の継続により生産性の向上を実現!「新・ダイバーシティ経営企業100選」受賞
2019年 次世代育成支援対策推進法に基づく特例認定「プラチナくるみん」を認定

女性活躍推進

「えるぼし」認定の取得

当行は、1996年に性別にとらわれず発揮された能力と実績を評価することを経営方針に掲げ、2008年に就業継続支援制度の導入、2010年に企業内保育施設の設置など、女性が活躍できる環境整備に対する積極的な取り組みを継続してまいりました。その結果、女性のキャリア形成や管理職登用の実績につながり社会的に高く評価され、2016年4月女性活躍推進法に基づく最上位の「えるぼし」認定を東北で初めて取得いたしました。
今後もさらに、女性だけではなく男女ともに働きやすい職場づくりに取り組んでまいります。

「ポジティブ・アクション」への参画

2014年、当行は今まで以上に女性の活躍を推進すべく、国連が提唱する企業の行動規範「女性のエンパワーメント原則」へ署名参加するとともに、厚生労働省が提言・促進している「ポジティブ・アクション」に参画し、「女性の活躍推進への宣言」をしました。
2015年には、女性が活き活きと働くことができる職場環境づくりのために「ウーマン・ネットワーク」を発足しました。キャリアメイク意欲の醸成、情報交換や就業上の悩み等を相談できるフレームとして運営し、当行はさらなる女性のキャリア支援、両立支援を進めてきました。

就業支援プログラム
「Mama CommuniTea(ママコミュニティ)」

育児休業から職場復帰するママ行員を対象とした相談会。
行内情報の共有、個人面談、保育士による育児相談、保健師によるママの健康相談などを実施しています。
職場復帰に対する不安を解消するとともに、同じ環境下のママ行員同士の情報交換・情報発信の場を設けることで、育児・仕事の両面で相談し合えるコミュニティを形成していきます。

企業内保育施設「キッズワールドあゆみ」

当行は2010年、山形県内の金融機関として初めて企業内保育施設「キッズワールドあゆみ」を開設いたしました。
鶴岡市にある本店ビル1階に併設しており、子どもと一緒に出勤したり、仕事終わりにお迎えに来たりするパパ・ママ行員がたくさんいます。
仕事と子育てを両立する行員を応援しています。

「次世代育成支援行動計画」

子育てを行う従業員の職業生活と家庭生活との両立を支援するための雇用環境の整備、及び働き方の見直しに資する多様な労働条件の整備のため、下記のような行動計画を定め、この計画に沿って積極的な取り組みをすすめていきます。

計画期間:2019年4月1日から2022年3月31日まで

目標1 仕事と家庭の両立支援に向けた取組を推進する。

【行動】
2019年4月より順次実施する。
(1)男性従業員の育児参加を促進するため、人事部による育児休業の取得に向けた働き掛けの推進や、行内報等による情報発信を実施する。
(2)管理職を対象とした研修時等に、ワークライフバランスガイドブックを活用して意識改革を進める。

目標2 働き方改革に向けた取組を推進する。

【行動】
2019年4月より順次実施する。
(1)働き方改革に対する意識醸成に向け、管理職を対象とした研修等を開催する。
(2)働き方について各部店毎に課題を踏まえた具体的行動計画を策定し改善を図るとともに、人事部にて状況を把握し必要に応じアドバイスする。
(3)多様で柔軟な働き方の推進に向けテレワークを導入することにより、集中的かつ効率的な働き方を実現し生産性の向上を図る。

「女性活躍推進行動計画」

女性活躍推進体制の一層の強化と、女性が持つ能力を十分に発揮できる職場環境を整備するため次の通り行動計画を策定します。

計画期間:2019年4月1日〜2024年3月31日 5年間

【課題】
 1.業務範囲を拡大する上で、知識能力向上とキャリア形成支援を強化する必要がある。
 2.男女共に様々な働き方を受け入れる職場環境整備と上司の意識改革が必要である。

【目標】
 1.女性の業務範囲拡大に積極的に取組む
 2.男女の育児休暇取得率を100%とする

【取組】
 1.能力開発とキャリア形成
 [2019年4月より順次実施]
 ・管理職養成に向けたマネジメント研修を実施する。
 ・能力開発を目的とした研修、及び資格取得支援を実施する。
 2.男女ともに働きやすい職場づくりに取組む
 [2019年4月より順次実施]
 ・働き方改革に資する研修等の実施により従業員の意識醸成を図る。
 ・各部店が自店の課題を踏まえた働き方改革の行動計画を策定し改善に取組む。
 ・柔軟な働き方の推進に向けテレワークを導入し、集中的かつ効率的な働き方を実現する。
 ・行内報等により両立支援に関する情報を継続して発信することにより社内機運を高める。

荘内銀行 健康宣言

荘内銀行は、従業員とその家族一人ひとりが心身ともに健康であることを目指し、健康宣言を制定しています。
健康宣言の制定や2020年4月施行の改正健康増進法を踏まえ、2019年5月より当行敷地内を全面禁煙としました。
これにより、従業員とその家族一人ひとりが心身ともに健康で、活き活きと働き続けられる職場づくりに取り組み、将来にわたり地域社会の発展に貢献していくという健康経営の実現に取り組んでいます。

荘内銀行が地域とともに発展する銀行であり続けるためには、従業員とその家族一人ひとりが心身ともに健康であることが不可欠であると考えます。この考えのもと、当行は、健康意識向上とワークライフバランスの推進を通じて、活き活きと働き続けられる職場づくりに取り組み、将来にわたり地域社会の発展に貢献する企業を目指します。

行動責任者 代表取締役頭取 田尾 祐一

メンバーズサイト エントリーメンバーズサイト エントリーメンバーズサイト ログインメンバーズサイト ログイン

採用応募者個人情報に関する取り扱いについて採用応募者個人情報に関する取り扱いについて

採用情報トップ 新卒採用 インターンシップ募集 中途採用 荘内銀行オフィシャルサイト