荘内銀行

メインメニュー

人材育成

多種多様に広がるお客さまのニーズに、よりスピーディーに、より的確に応じていくためには、一人ひとりが自分自身のキャリアビジョンを描き、常に成長し続けようとする強い意欲を持って、主体的に能力開発に努めることが必要不可欠です。

人材育成基本方針

荘内銀行では、@OJT(職場内訓練)、AOff-JT(職場外研修)、B自己啓発の3つを柱として、信頼されるプロの銀行員としてだけでなく、幅広い視野と柔軟な思考力をもった個性豊かな一人の人間としての人材育成を目指しています。

@ OJT(職場内訓練)

現場での実践を中心に育成プログラムを組み立て、先輩・上司による指導・アドバイスのもと、実際の仕事を通じて実務能力・専門知識を習得していきます。新入行員教育では、入行後2年間の集中育成期間を通じて一連の業務を学び、戦力として対応できるレベルを目指します。

A Off-JT(職場外研修)

OJTをサポートするのがOff-JTです。入行後、すぐに始まる新入行員研修では、社会人の基本となるビジネスマナーをはじめ、銀行員として最低限必要なスキルを中心に習得します。以降は、業務のフォローとモチベーションアップを目的として、定期的に階層別研修を実施します。また、担当業務に応じた業務別研修も数多く実施しています。

B 自己啓発

自己啓発を一人ひとりの意識に任せるだけでなく、通信講座の受講機会の提供、FP等公的資格の取得支援、「単位認定制度」や「自己啓発奨励金制度」の導入、休日セミナーの開催などにより、積極的な能力開発を支援しています。

ポストChallenge制度 〜入行後のキャリアアップを応援〜

仕事への挑戦意欲が高い行員を対象に、本部業務や専門性の高い店舗などへ挑戦できる制度があります。さまざまな経験を経て、能力・適性を伸ばし、キャリア形成していくことが可能です。

ジョブチャレンジ制度

成長意欲の高い行員が、専門性の高い店舗や県外支店での勤務、山形県や山形大学等への研修派遣にチャレンジできる制度です。

トレーニー制度

各本部で6ヶ月間の業務研修を行います。
さまざまな職務を経験することにより、能力・適性を伸ばし、キャリア形成していくことができます。

マンツーマンリーダー制度

新入行員と年齢が近い先輩行員が、入行から1年間、マンツーマンでサポートする制度です。
日々の業務だけでなく、プライベートの悩みも含め、身近な先輩に相談できる体制を整えています。

メンバーズサイト エントリーメンバーズサイト エントリーメンバーズサイト ログインメンバーズサイト ログイン

採用応募者個人情報に関する取り扱いについて採用応募者個人情報に関する取り扱いについて

採用情報トップ 新卒採用 インターンシップ募集 中途採用 荘内銀行オフィシャルサイト