ABOUT US荘内銀行について

MESSAGE頭取よりメッセージ

学生の皆さまへ

地域金融機関の存在意義は「地域の発展と共にある」ことです。
荘内銀行は、時には旗振り役となり、時には縁の下の力持ちとして、また時には主役となって、金融の分野から「地方創生」に貢献していくことを、重要な使命ととらえています。

私たちは日々、地元経営者の皆さまと事業展望を共有して成長をサポートしたり、地域に暮らすお客さまの夢の実現をお手伝いすることに情熱と知恵を注いでいます。広域金融グループならではの豊富な情報量とネットワーク、本部専門部署や外部提携機関に備わる高度なソリューション機能を生かし、お客さまのニーズに寄り添ったご提案を重ねることは、まさに本業を通じたボトムアップの地域活性化です。
また、サステナブル社会やSDGsへの関心が高まる中、当行では、脱炭素、再生可能エネルギー、DX、キャッシュレス化などにかかる事業支援・サービス提案にも力を入れています。大規模プロジェクトの組成、多くの関係機関のコーディネート、産学官金連携の推進などもまた、荘内銀行らしい「地域の未来創り」のひとつです。

地方創生に向けては、さまざまな立場の方がそれぞれの強みを生かして連携すること、意見やアイデアを出し合い共有することが重要です。そして、その輪の中に、荘内銀行がある、荘内銀行の行員がいる、そうありたいと思っています。

当行で最も大切にしているのは「ヒト(人財)」です。一人ひとりが自由に発想し、発言でき、行動できる、挑戦できる組織、自主性が尊重され自分らしさが輝く風土を創り上げていきたいと考えています。人財の数だけアイデアや行動が生まれれば、その分、未来の可能性は広がります。
荘内銀行で、ぜひ一緒に地域の未来を考え、わくわくするような仕事を通じて、地方創生の一翼を担っていきましょう。

株式会社荘内銀行
代表取締役頭取

松田 正彦 Masahiko Matsuta

CORPORATE PHILOSOPHYグループ経営理念

行動指針 Future7

01.前例にとらわれず、決して立ち止まらず、常に新しいことに挑み続けます。02.お客さまの夢を自分ごとにし、実現のために情熱をもって考え、動きます。03.向上心・探究心・好奇心を心掛け、常に自らをアップデートしていきます。04.高水準のコンサルティングで、地域に幅広い知見とアイデアを提供します。05.一人ひとりを尊重し、個々の成長や挑戦を後押しできる組織を目指します。06.よく聞き、よく話す、声が闊達に飛び交う風通しのよい職場をつくります。07.法令遵守と高い倫理観に基づき、地域の一員として責任ある行動をします。

SUSTAINABILITY / COMMUNNITY CONTRIBUTIONサステナビリティ / 地域貢献

地域の皆さまとともに

荘内銀行は、地域経済・社会の発展に貢献していくことが地域金融機関の役割であると考えています。地方創生の実現に向けて、そして「地域とともに発展する銀行」であり続けるために、地域に密着した活動に取り組むとともに、役職員おのおのが主体的に地域とかかわり、相互理解を深める取り組みを進めています。

荘銀SDGsレポート[PDF形式:1,992KB]