ホーム > 荘内銀行について > 地域の皆さまとともに > 安心・安全な地域社会に向けた取り組み

安心・安全な地域社会に向けた取り組み

「小さな親切」運動の展開

鶴岡「小さな親切」の会では、企業や個人会員の皆さまとともに、思いやりあふれる地域社会に向けた活動を行っております。

「小さな親切」実行章の贈呈

親切な人を推せんしましょう。「小さな親切」実行章は、誰もが推せんでき、誰もが受賞できます。社会の中に埋もれているあたたかな行為に敬意を表するものです。

あいさつ運動の推進

会ったら、「おはよう」と言うぐらい何のことはない。皆で言おうじゃないか。それがお互いに伝わっていく。つまり、伝染するんだ―
―茅初代代表の告辞より抜粋―

小さな親切作文コンクール

小中学校より、「小さな親切」をテーマとした作文を募集しています。入賞者には、本部からの表彰があります。

日本列島クリーン大作戦

毎年7月の第1日曜日に、鶴岡公園周辺の清掃活動を実施しています。
会員及び会員の家族約550名が集まり、ゴミ拾い・草むしりを行っています。

小学生バリアフリー教室の開催

平成24年より小学生を対象に車椅子や高齢者疑似体験を行い、体の不自由な人にできる親切とは何かを考えてもらいます。

車椅子の贈呈

はごろもフーズ株式会社(静岡県の会員企業)の協力を得てスタートしました。
鶴岡「小さな親切」の会では、平成13年から地域の福祉施設等へ寄贈しています。

「小さな親切」ネットワーク

・「小さな親切」運動本部
・「小さな親切」運動山形県本部
・鶴岡「小さな親切」の会
・酒田「小さな親切」の会
・山形「小さな親切」の会
・寒河江「小さな親切」の会
・米沢「小さな親切」の会
・長井「小さな親切」の会
・高畠「小さな親切」の会
・新庄「小さな親切」の会

「小さな親切」八ヶ条

朝夕のあいさつをかならずしましょう。
はっきりした声で返事をしましょう。
他人からの親切を心からうけ入れ、「ありがとう」と言いましょう。
人から「ありがとう」といわれたら、「どういたしまして」といいましょう。
紙くずなどをやたらにすてないようにしましょう。
電車やバスの中で お年寄りや 赤ちゃんをだいたおかあさんには席をゆずりましょう。
人が困っているのを見たら手つだってあげましょう。
他人のめいわくになることはやめましょう。

交通安全横断旗の寄贈

春の交通安全県民運動に併せ、交通事故のない安心・安全な地域社会を祈念し、昭和43年より横断旗を寄贈しております。

Web完結型ローン「フリーローンWeb」「カードローンWeb」金利3.5%〜14.6%

インターネットバンキング

店舗・ATMのご案内

荘内銀行について