ホーム > 荘内銀行について > 地域の皆さまとともに > 地域活性化に向けた取り組み

地域活性化に向けた取り組み

庄内価値開発研究会

庄内地域の経済・文化の活性化と次代に向けた地域価値づくりを目的に、地域内外の有識者・経営者等により「庄内価値開発研究会」を組織し、施策の提言・実現を行いました。 第1ステージ(1996年〜1997年)では、具体的な価値開発に関する「プロジェクト5」を提言し、第2ステージ(2009年〜2010年)では、地域のブランド化を進める「地域プロデュース会社」を設立、第3ステージ(2011年〜2012年)では、「庄内オーベルジュの里」構想と「まちなか未活用施設の活用」を並行的に議論し、庄内を一体的に捉えた観光振興策を検討いたしました。

米沢ビジネスネットワークオフィス

米沢地域発展のため、産学官の連携のもと当オフィスを設置いたしました。多くの英知を結集し新たなビジネスに果敢に取り組んでおります。

県内各地の行事への参加

県内各地で開催される地域のお祭りに参加し、地域の皆さまとのコミュニケーションを深めると共に、地域の賑わい創出にも取り組んでおります。

おぃやさ祭り(鶴岡市)

酒田港祭り・甚句流し(酒田市)

山形花笠まつり(山形市)

みちのく阿波踊り(山形市)

天童夏まつり(天童市)

米沢上杉まつり(米沢市)

「るるぶ特別編集 鶴岡」発刊の企画・製作

平成26年4月に、観光振興を目的に地域の産業界、金融機関、行政の協働により、観光情報誌「るるぶ特別編集 鶴岡」を製作し、当行本支店で無料配布いたしました。

お取引先企業の課題解決に向けた支援

お取引先企業の営業支援のお手伝いとしてビジネスマッチングや各種セミナーを積極的に開催しております。

地方銀行フードセレクション2014

ハラールビジネスセミナー

Web完結型ローン「フリーローンWeb」「カードローンWeb」金利3.5%〜14.6%

インターネットバンキング

店舗・ATMのご案内

荘内銀行について