ホーム > 個人のお客さま > そなえる > 定期・収入保障保険

定期・収入保障保険

定期保険は必要な一定期間のまとまった保障への備え、収入保障保険は必要な一定期間、月々の生活費等を受取る保障への備えを準備することのできる保険です。掛捨てタイプの保険で貯蓄性はありません。標準的な商品設計は、以下のとおりです。

 

定期保険

  • 万一のときに保障が準備できます。
  • 期間に応じて必要な保障額を準備いただけます。

※年齢で保険期間を定める「歳満了タイプ」と期間で定める「年満了タイプ」の商品がござます。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 定期保険
オリックス生命保険 ファインセーブ

収入保障保険

  • 万一のときに毎月の生活費が準備できます。
  • 年齢とともに変化する必要な保障額に合わせて受取額は逓減します。

損保ジャパン日本興亜ひまわり生命 家族のお守り
三井住友海上あいおい生命 アンドライフ 総合収入保障保険
オリックス生命保険 キープ
メットライフ生命 マイディアレスト

■ お客さまが負うことになる投資のリスクについて

当行で取り扱う変額年金保険は、一時払保険料をファンドで運用します。
ファンドの主要投資対象である投資信託は、国内外の株式・債券等で運用しており、運用実績が保険金額や資産残高・将来の年金額等の増減につながるため、株価や債券価格の下落、為替の変動により、資産残高、解約返戻金額は払込保険料を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。

当行で取り扱う一部の定額年金保険と一部の一時払終身保険は、市場金利に応じた運用資産の価格変動が解約払戻金に反映されるため、市場金利の変動により解約払戻金額が既払込保険料を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。具体的には、中途解約時の市場金利がご契約時と比較して上昇した場合には、解約払戻金は減少し、逆に、下落した場合には増加することがあります。

当行で取り扱う外貨建保険は、保険金等のお受取時における為替レートにより円換算した保険金額等の額が、ご契約時における為替レートにより円換算した保険料を下回ることがあり、損失が生じるおそれがあります。

■ お客さまにご負担いただく手数料などについて

当行で取り扱う保険商品には、契約初期費用(最大で7.0%)、保険関係費用(最大で2.95%)、資産運用関係費用(最大で2.0736%(税込) ※この他に実績報酬がかかる場合もあります。)、解約控除(最大で10.0%)、年金管理費(最大で1.0%)などの手数料がかかる場合があります。また、外貨建の保険料を円貨にてご用意される際および外貨建の保険金や年金などを円貨で受け取る際は、各通貨ごとの為替手数料が必要になります。外貨交換レートおよび円交換レートは、仲値(TTM)に対してそれぞれ差があり、その差額が通貨交換時のご負担となります。保険料を外貨で払込みまたは受取る際にも送金手数料等がかかる場合があります。

ご負担いただく手数料の項目、手数料率、計算方法(合計する方法も含む)等は各商品によって異なりますので、一律の算出方法を記載することができません。

詳細は当該商品の契約概要・注意喚起情報をご覧ください。

■ その他の注意事項/不利益事項について

  • 保険商品は預金ではありません。したがいまして、預金とは違い元本保証はありません。
  • 生命保険商品は預金保険制度の対象とはならず、生命保険契約者保護機構の対象となります。
  • 引受保険会社の業務もしくは財産の状況の変化により、ご契約時の保険金額、年金額、給付金額等が削減されることがあります。
  • 保険商品をお申込みいただくかどうかが、当行での他のお取引(預金・融資・為替等)に影響をおよぼすものではありません。
  • 生命保険のお申込みにあたりましては、各商品ごとの「契約概要・注意喚起情報」、「ご契約のしおり・約款」等に記載されている重要な事項を十分にご確認ください。
  • 当行は、お客さまと保険会社との保険契約締結の媒介を行うもので、保険契約締結の代理権はありません。保険契約はお客さまからの保険契約のお申込みに対して保険会社が承諾したときに有効に成立します。

[募集代理店] 荘内銀行
(平成27年7月1日現在)

Web完結型ローン「フリーローンWeb」「カードローンWeb」金利3.5%〜14.6%

インターネットバンキング

店舗・ATMのご案内

そなえる