ホーム > お客さま本位の業務運営方針

お客さま本位の業務運営方針

フィデアグループ(※)は、お客さまの安定的な資産形成および運用に資する金融サービスの提供を実現するため、お客さま本位の業務運営方針(以下、「本方針」といいます。)を定め、実践してまいります。当グループは、地域に密着した「広域金融グループ」として、お客さまの立場に立った商品・サービス等を提供することはもちろんのこと、価値ある情報の提供を通して、地域のお客さまと共に育ち、共に発展していくことに努めてまいります。

(※)本方針の対象となるグループ会社:荘内銀行・北都銀行

お客さまの利益の追求

  • 業務の健全性および適切性を確保するとともに、お客さまの利益の保護と利便性の向上のために、継続的に地域のお客さまの生活の質の向上に役立つ情報とサービスを提供してまいります。

お客さまにふさわしいサービスの提供

  • お客さまの多様なニーズにお応えできるよう、商品ラインナップの拡充に取組むとともに、お客さまへの商品のご提案にあたっては、お客さまのご意向に対応した最適な商品がご提案できるよう取組んでまいります。
  • ご購入いただいた後も、お客さまには必要な情報を提供し、ご相談を承るなど、アフターフォローの充実に取組んでまいります。

重要な情報の分かりやすい提供

  • 商品の内容や仕組みについては、お客さまの取引経験や金融知識などを考慮したうえで、十分にご理解いただけるよう分かりやすく説明し、お客さま一人ひとりのニーズに対応するよう取組んでまいります。
  • お客さまの投資判断に資するよう、商品毎の手数料等の透明性を高め、どの様なサービスの対価に関するものかを含め丁寧にご説明するように取組んでまいります。

利益相反の適切な管理

  • お客さまとの間の利益相反のおそれのある取引に伴い、お客さまの利益を不当に害することのないよう、法令等および利益相反管理に関する社内規則等に従って、適切に業務を管理・遂行してまいります。

社内体制・社員教育の充実

  • グループ内において本方針の浸透に努めるとともに、役職員に対する研修・教育の充実を通して、お客さま本位の業務運営をより一層推進してまいります。
  • お客さま本位の業務運営を推進するための業績評価体系の構築と役職員の適切な評価に努めてまいります。

2017年6月
フィデアホールディングス株式会社

「経営者保証に関するガイドライン」への取組み

当行は、2013年12月に経営者保証に関するガイドライン研究会(全国銀行協会および日本商工会議所が事務局)が公表した「経営者保証に関するガイドライン」(以下、本ガイドラインという)の趣旨を踏まえ、真摯な対応を心がけております。
お客さまと保証契約を締結する場合や保証人のお客さまが本ガイドラインに則した保証債務の整理を申し立てられた場合は、本ガイドラインに基づき誠実に対応するよう努めてまいります。

Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステム社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要となります。Adobe Readerは、右のバナーよりダウンロード可能です。

Adobe、Adobeロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。

Web対応ローン

インターネットバンキング

店舗・ATMのご案内

インフォメーション