ホーム > 荘内銀行について > 頭取メッセージ

頭取メッセージ

 皆さまには、日頃よりお引き立てを賜り、深く御礼申し上げます。
 このたび、荘内銀行の頭取に就任いたしました 田尾 祐一 でございます。

 地方銀行を取り巻く環境は、人口減少やマイナス金利、異業種参入など、非常に激しい変化の中にあります。厳しい環境に身を置くほど、自ずと改革を先行させるものでありますが、私たち荘内銀行も今が変革の好機と捉え、これまで以上にお客さまのお役に立てるよう、経営戦略や組織を広く見直し、ダイナミックに改革を進めてまいります。

 フィデアグループは、県境をまたぐ広域金融グループとして、他にはない独自の強みを備えています。それは、広範な営業エリアと圧倒的な情報量に基づく「広域性」、高度専門人材の配置による業務・サービスの「専門性」、オープンプラットフォーム戦略から抽出される効率化と生産性向上による「成長性」であり、これらの強みを最大限に生かしながら、お客さま第一を基本とし、地域のお客さまと真摯に向き合ってまいります。

 今、銀行に求められていることは、お客さまにとって「良き相談相手になること」だと考えます。行員一人一人がコンサルタントあるいはアドバイザーとなることを目指し、お客さまの課題やニーズに対し、適切なソリューションを提案してまいります。また、お客さまの相談相手としてより相応しい行員となるよう、人材育成にさらに注力いたします。同時に、「筋肉質な経営基盤」の構築にも引き続き取り組み、業務効率化から生じた経営資源を優先度の高い分野に集中させ、お客さまにしっかりと還元してまいります。

 一期一会の想いを胸に、一度でもお会いできたことに心から感謝し、何かお役に立てることを一生懸命考えること、それが、私たちの信条です。
 お客さまの知恵袋として、地域で最も信頼され、一番に相談される銀行を目指し、地方創生に力を尽くしてまいります。

代表取締役頭取
田尾 祐一

Web対応ローン

インターネットバンキング

店舗・ATMのご案内

荘内銀行について