ホーム > 個人のお客さま > ふやす > 投資信託 > つみとう(積立投信)

つみとう(積立投信)

“今あるお金”ではなく“未来のお金”を考えませんか?

荘内銀行がお伝えしたいこと

荘内銀行がお伝えしたいこと・・・・・・
投資を始めるのに早すぎるということはありません。
これから作る未来のお金に夢を乗せて『一歩先の選択』を。
日々の仕事に注力しながら、生活を楽しみながら、お金にも働いてもらうスタイルを提案します。
将来のためのコツコツ投資、今日から始める長期投資、「つみとう (積立投信) 」なら、荘内銀行で!

〈荘銀〉つみとうなら・・・・・・
豊富なラインナップ、低コスト(購入時手数料無料&低信託報酬)で始めやすい、続けやすい。
しかも、月々1,000円からの自動引き落としなので、無理なく始められます。

毎月1,000円で積立て!?

少額投資でも積立てを始めれば、若い世代の資産運用における最大の武器、「時間」が活用できます。できるだけ長い時間をかけて、投資の果実を熟成させていく、これが長期投資(資産形成)です。だから「種」は小さくてもいいのです。

しかも、荘内銀行の「つみとう」では、主に投資初心者でもある資産形成層を応援するため、購入時手数料が無料となるファンドや、信託報酬というコストを業界最低水準まで抑えた商品もご用意しています。

積立ての「安心」効果

上記グラフは実際の値動きを指し示すものではなく、将来の運用成果を約束するものではありません。

Q.右のような値動きをする投資信託があります。
この投資信託に、スタート時に一括で120万円を投資すると、10年後の運用結果は投資額の半分の60万円になります。

同じ投資信託に毎月1万円ずつ10年間積立てた投資額合計120万円の運用結果はいくらになるでしょうか?(経費等は考慮しません。)
  (1)約72万円 (2)約90万円 (3)約139万円

答えは(3)です。

「一括投資」の場合、基準価額が下がると投資信託の評価額は下がり、その後は回復を待つのみとなります。「積立投資」の場合は下がった局面ではより多くの口数を購入でき、平均取得価額が下がることから、「一括投資」の場合と比べ、早く評価額を回復できる可能性があります。
したがって、「積立投資」の場合は、基準価額半分になっても利益が出る場合があるのです。

荘内銀行で「つみとう」を始めてみよう!!

投資信託の現在の評価額は「基準価額(1万口あたりの価額)」に「口数」をかけた金額です。
定期的に一定額を購入する積立投資の場合、「基準価額」が下がれば、より多くの「口数」を購入することが可能になります。基準価額が下がったときに多くの「口数」を購入しておくことで、その後、基準価額が上昇したときに投資信託の評価額が大きくなる効果が期待できます。
「つみとう」は、預金口座から指定日に一定金額を引落し投資信託を買付しますので、無理なく資産形成をはじめることができます。

月々1,000円から始めることができます

月々の積立は1,000円からできるため、手軽に投資がはじめられます。年2回の積立金額の増額も設定できるのでライフプランにあわせた積立ができます。

さまざまなファンドから自由に選択できます

お好きなファンドを選んで積立てることが出来ます。投資対象や値動きが異なるファンドを組み合わせることで、分散投資の効果が高まります。

コストを抑えて積立てることができます

「つみとう」では、購入時手数料無料でご購入いただけるファンドを多数ご用意しております(一部、つみとうでも手数料がかかるファンドもありますのでご留意ください)。
また、投信ダイレクト専用ファンド「eMAXISシリーズ」は、信託報酬を低く設定しており、コストを抑えた資産形成を可能にしています。

投資信託お取引のご注意事項についてくわしくはこちらをご覧ください。

分配金ファンドに関する注意事項 投資信託の収益分配金に関するご説明

投資信託サポートセンター

0120-104-327

お問い合わせ

Get Adobe Reader
Adobe Readerのダウンロード

PDFファイルをご覧いただくには、アドビシステム社が配布しているAdobe Reader(無償)が必要となります。Adobe Readerは、右のバナーよりダウンロード可能です。

Adobe、Adobeロゴ、Readerは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。

Web完結型ローン「フリーローンWeb」「カードローンWeb」金利3.5%〜14.6%

インターネットバンキング

店舗・ATMのご案内

ふやす