ホーム > 荘銀ダイレクト > 金融犯罪にご注意ください

金融犯罪にご注意ください

セキュリティ対策をお忘れなく

市販のセキュリティ対策ソフトのご利用で、スパイウェア・フィッシング・コンピュータウィルスなどによる被害のリスクを軽減させることができます。
コンピュータウィルスは、日々新種のものが出現しています。セキュリティ対策ソフトのアップデートも忘れずに実施することが大切です。OSやブラウザも、常に最新の状態にしていただきますようお願いいたします。

怪しいメールに注意しましょう

メール本文中のリンクをクリックすると、フィッシングサイトに誘導される危険があります。不審な電子メールの添付ファイルを不用意に開くと、コンピュータウィルスに感染する場合もあります。
当行では、電子メールでログインIDやパスワード等をお聞きすることはありませんので、お気をつけください。

URLを確認しましょう

インターネットバンキングにログインする際は、正しいサイトであることの確認をお願いいたします。当行の真正なサイトであることを確認は、以下の方法で行うことができます。

(1)アドレスをご確認ください。

(2) サイト証明書をご確認ください。

ID・パスワードはしっかり管理しましょう

  • ログインIDや各種パスワード・暗証番号は絶対他人に教えないようお願いいたします。
  • 当行行員がお客さまにパスワードをお尋ねすることはありません。
  • 各種パスワード・暗証番号は、他人から推測されやすいものはお避けください(誕生日・電話番号・お車のナンバーなど)。
  • 各種パスワード・暗証番号は厳重に管理し、パソコン内に保存したり、電子メールで送信したりしないようお願いいたします。
  • ログインIDや各種パスワード・暗証番号は、定期的に変更してください。ID・パスワードは、お客さまご自身の操作で変更が可能です。

・ログインIDの変更方法はこちら
・ログインパスワード・確認用パスワードの変更方法はこちら

ファイル交換ソフトを悪用したウィルス感染に注意しましょう

ファイル交換ソフト(Winny等)を介して、ウィルスに感染したパソコンから、重要な情報が流出する事件が発生しています。
ウィルスに感染したパソコンに、ID・パスワードなどの重要情報を保存していると、これらが漏洩し、インターネットバンキングが不正利用される危険があります。

インターネットバンキング

荘銀ダイレクト

Phish Wall